治療機材

香里園の歯医者によって治療方法は変わってくる

歯周病イメージ

歯科治療といって想像されるのは主に虫歯と歯周病だと思います。まずは虫歯治療です。虫歯はその進行具合によって治療方法が異なります。歯は表層からエナメル質、象牙質、神経に分かれています。神経まで達していない虫歯だと削って埋めるという治療になります。この場合だと1、2回の治療で終わってしまいます。しかし虫歯が神経にまで達している、もしくは神経に限りなく近いところまでいっているような場合は神経をとることになります。これは痛みをとることに加え、神経から先への虫歯菌の感染を防ぐためです。この場合だと治療期間は長い方だと1年以上に及ぶケースもあります。歯の内部まで感染した虫歯菌を除去するのは非常に困難で時間がかかる治療だからです。
次に歯周病です。成人の約8割が罹患しているといわれる歯周病も歯科治療のメインになっています。歯周病も虫歯と同様、菌の感染によって起こる病気です。歯磨きを充分に行わないために口の中で歯周病菌が増えて歯を支えている骨を溶かしてしまいます。ひどい場合歯周病が原因で歯が失われてしまいます。歯周病の予防には口の中の菌を減らす、すなわち汚れをしっかりととることが重要です。
虫歯にも歯周病にも共通しているのは早期発見・治療できればきれいに治る点です。普段面倒だからと歯科治療をさぼっていると大変なことになってしまうので日頃から定期検診等を受診することをオススメします。

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS